日本あいづち協会

  Japan aiduchi association

現実には厳しい でも幸せにはなれる 齊藤 勇 訳(文響社)

 

日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカには心理療法家という、人の心を整える専門家がいます。

経営者やスポーツ選手も必ずといっていいほど、医師とは別に心理療法家を頼っています。

その中でもアルバート・エリスは超一流のクライアントを持ち、世界三大心理療法家と称されています。

そんなアルバート・エリスがあなたのモヤモヤやイライラを改善する方法を具体的に教えてくれます。

 

・不安な動揺に負けない「壊れにくい自分」をつくる

・「思い込み」は、反論し打破する

・人間関係に悩んだときは「タイムアウト法」が効く

・魔法のような解決策は考えない

・人に期待しすぎない などなど…。

➡詳しくはコチラ


やってはいけない ダークサイド心理学     齊藤 勇 監修(宝島)

 

驚異の人たらし術

他人の心をスイスイ操る
ズルい腹黒テクニック

●「寿司か焼き肉、どっち?」でデートは断られない
●自分の暴露話をすれば部下が従うようになる
●相手から見て右側に座れば優位に立てる
●「どう思う?」で切り返して賢く見せる

あらゆる心理学の面白さを世に送り出してきた齊藤先生が教える、人を操る禁断ギリギリの心理術!ビジネスや恋愛などあらゆる場面に使える悪用禁止の究極の心理術を、心理学者の実験例や事例などを通して解説します。自分や気になる相手の潜在意識を知ることができる心理テストも必見です!

➡詳しくはコチラ

 


「相手がノリノリで話し出す「スゴい! ひと言」大全」著者 齊藤勇(かんき出版)

 

対人心理学の研究でも証明されていることだが、誰もが自分の話を聞いてほしいと思っている。
たとえ、口べたの人であっても、ただそれを表現するのが苦手というだけのこと。
みんな自分の気持ちを聞いてほしいのだ。だから聞くことがうまい人は、好印象をもたれ、人間関係がうまくいく。
聞き上手は、総じて、あいづちの打ち方がうまい。
あいづちというと、「へぇ」「そう、そう」「それで」といった言葉が浮かびそうだが、思っている以上にその種類は多く、意外と使い方が難しい。
「知らなかった」「おかげさまで」「才能ですね」「器が大きいですね」
「同感です」「まさにー」「苦労されますね」「きてますね~」「とんでもないことです」……。
タイミングよく、話し手が求めている「反応」「承認」「共感」を、ひと言で投げ返す。
そんな相手の気持ちをくみ取るあいづちを投げかけると、話し手は自分の気持ちをわかってくれる人が現れた喜びで、話は止まらなくなる。
だから、バリエーション豊富な、あいづちを知っている人のほうが、話し手の喜びをより大きく刺激する。
著者は、四十数年にわたって、人の好き・嫌いを「対人心理学」という分野から研究してきたビジネス心理学の第一人者。
「話し上手、聞き上手より、あいづち上手になれば、コミュニケーションは断然うまくいく」という考えのもと、本書では200個近い数のあいづちを、誰に、どんな場面でどう使うか懇切丁寧に紹介。
“たかが"あいづちこそ、最強のコミュニケーションスキル。あいづちの種類を増やし、使い方を自分のものにすれば、ビジネスも人生も必ず成功する。

➡詳しくはこちら

 


 「男と女の心理学入門」

 仕事でも、プライベートでも男と女はもっとわかり合える!

 男の本音 女のウソが見えてくる。

 著者 齊藤 勇(かんき出版)

      ➡詳しくはこちら


「超・相槌~心理学の権威が教える人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル たった一つの「相槌」でどんな人にも好かれてしまう~」(著者 齊藤 勇 文響社)

       ➡詳しくはこちら

 


当協会主催のあいづち対話法講習については

コチラからお気軽にお問い合わせください。


 

協会員になりませんか?

協会員になるとあいづち対話法講習などの情報や理事長である齊藤勇のコラムをお送りいたします。

会費は無料です。

良好な人間関係を構築したい…そんな思いが実現する情報提供をしていきます。

ご入会はコチラ


あいづちは日本独自の文化

日本人が無意識に行っている「あいづち」には対応する英語がありません。

日本で発展した独特の対話法なのです。

あいづちをうまく利用すれば人間関係の悩みもすぐに解消し関係が良好になり、周りの人から思いがけず好かれることになるでしょう。

日頃の会話で無意識に使っているあいづちを意識化することで話上手な人よりもずっと好印象になります。

日本あいづち協会は良好な人間関係の構築を目的とし、啓蒙活動を行っております。